〒616-8182 京都市右京区太秦北路町10-1
tel.075-873-7700

ふくおかクリニック

フットケア外来

Foot care

Foot careフットケア外来

糖尿病フットケア

糖尿病は最も心臓血管病の発現に寄与しますので、その管理は大切です。糖尿病は特に足に重大な病気を引き起こし、最悪、足が腐り切断に至ってしまいます。そうならないためにも足の管理(フットケア)は最重要事項です。足浴、爪切り、水虫治療、足裏タコ処置など行います。

巻き爪治療

3TO(VHO)式矯正技術(保険適用がないため自費診療となり約1年の経過で4万5000円程度です。)

下肢静脈瘤

下肢の静脈がボコボコと飛び出している下肢静脈瘤の多くは無症状ですが、病態が進行すると下肢がむくむ、だるいといった症状が出ます。かゆみを伴う湿疹を起こし始めると静脈瘤の手術を考慮する必要があります。更に悪化すると痛みが無い潰瘍(かいよう)を作り皮膚がえぐれてきます。静脈瘤治療の基本は下肢圧迫療法です。日中は弾性ストッキングを着用していただきますが、その補助療法として漢方を使用することもあります。

下腿浮腫圧迫療法

下腿浮腫圧迫療法

下肢の浮腫の腫れがひどい時はえらく痛みます。また、この腫れのせいで皮膚が剥離し、潰瘍を形成すると入浴できなくなりますから早急にむくみを軽減する手段を取る必要があります。薬物療法と理学的療法の組み合わせで行いますが、特に理学療法でも圧迫療法が有効です。圧迫療法の手段としては圧力の強い弾性ストッキングの着用と弾性包帯と言われる強度の強い包帯を強く巻く方法の2通りがありますが、その他にも着脱を考慮した製品による圧迫療法も有ります。

フットケア外来とは足の病態に合わせて、足を守る・悪化させないために日常生活の過ごし方や足のケア方法をともに考え、実際にケアを行っていく外来です。
具体的には、まず足をすみからすみまで観察させていただきます。足のかたちや爪のかたち・厚さ、タコやウオノメがないか、歩き方はどうか…
また、病歴や全身状態など、それぞれすべて観察させてもらった上で必要なケアをさせてもらいます。
例えば足浴、爪切り、保湿などです。もし傷や血流障害がある場合は先生と相談しながら治療し、ケアを行っていきます。
そして最終的にはご自身でご自身の足を守れるようになっていただけるよう一緒にケア方法を考えていきたいと思っております。

      
          
  • お値段 自費2000円
  • 要予約(電話にて承っております)
  • 医師の必要だという判断のもと行います。
  •